実績マネージメント

人材のボトムアップはその人が得意なことをやらせる

仕事は人につく?

会社に置いて組織で仕事をするというのは、当たり前です。
しかし、実際にはどうでしょうか?

仕事が「個人についている」ということも非常に多いのです。

「実は社内でこれができる人は彼しかいない…。」
「あの顧客とうまくやれるのは彼女しかいないから担当を変えられない。」
「あれを作れるのはあいつしかないんだよね。」

中小企業ではよく聞かれる話です。
同じことができる人間を何人も雇っているほど余裕はないし、一人辞めると補充が大変…といったことは日常茶飯事になっています。

このような状態で「組織で仕事をするというのは、当たり前」とは胸を張って言えるでしょうか?

優秀な営業マンがいなくなると、売り上げが落ちてしまう。
優秀なディレクターが辞めると、名指しで仕事が来てしまう。
優秀な人材がライバル会社に引き抜かれてしまう。

などなど、人に仕事や顧客がついているため、中小企業の人事に悩みは尽きません。
もちろん、「企業側に魅力がないのがイケない」「人ってそもそも流動的だから」とばっさり切ってしまうほど、問題は簡単ではないのです。
会社は人で回っているのですから。

お金で動く人も多いのは事実です。人間関係も転職理由の大きな一つです。
上記の2点を防ぐのはなかなか難しいでしょう。

給料を青天井にするわけにはいきませんし、性格的な問題で人間関係がうまくいかないのであれば、それを直すのは非常に困難です。

ただ、仕事が合っているか、合っていないかという点においては、企業はフォローすることができます。

その人に合った仕事をアサインする

一方、人材のボトムアップによって業績を伸ばしている会社もあります。ボトムアップするには、その人の魅力を会社が引き出すということであり、社員は、その魅力をアピールする必要があると思います。

「私はこれが得意なんです!これをやらせてください!」というように。
人はもちろんそれぞれですし、向き不向きがあります。あれをやらせても全くダメだったけど、これをやらせたら上手くできた!といった事例は数多くあります。

社会の多様性を考えると、今後も人材の流動性は高まるでしょう。
そうあるべきだと思いますし、会社も人も、またそれを仲介するサービスも、ミスマッチングを減らすコトが課題であります。

パーソナリティをうまく出せる、過去の実績をうまくアピールできるツールとしてリレキノは最適です。

Relekinoのサイトへ

ホントノのサービス「Relekino」に関する情報をアップしていきます!

WebSite Facebook Twitter Tumblr