実績マネージメント

実績を活かした転職なら、40代からでも決して遅くはありません

40代の転職は結局何がポイントか?

40代を過ぎての転職といえば、一昔前までは自滅行為に等しいとすら言われていました。もちろん、今ではそんなことはありません。プロ経営者のような人材であれば、定年もなく引く手数多のポジションにつくことも可能です。

若くして思い通りの業界や、企業に就職できた人がいる一方で、妥協して就職した人や、違和感を感じつつ今の職場にとどまっている人、待遇や労働環境に不満を抱きながら働いている人も多くいるはずです。

大企業や、中小企業に関わらず、キャリアプランニングを考え直すタイミングとして、40代は決して遅くはありません。では、40代でこれから転職しようと考えている人は、どのようにすれば上手くその後へと繋げていけるのでしょうか?

転職を前向きに捉える

現在は、来たる団塊世代の大量離職問題を前に、企業の採用活動が活発になっており、新卒だけでなく中途採用も増えているので、チャンスは充分にあります。当面は企業における人材不足問題は解消の見込みがありません。

まず前提として40代での転職は、大企業、中小企業関係なく「実績」が求められます。 え?、「人に言えるような自慢できる実績なんてない…」いや、仕事をしている限り、必ず実績があるはずです。この「実績」は規模の差、数字の差など様々ではありますが、問題はそこではなく、「経験(実績)とアウトプット(成果)」のセットが重要なのです。

20代や30代前半であれば、実績がなくても「若さ」や「期待値」、「伸び代」という武器があるので、そっちで採用してもらえる可能性が高いですが、40代では実績と成果をどのように表現できるか?が焦点になります。

転職は自分の軌跡を見つめ直すいいチャンス

したがって、職務経歴書や面接で、自分がこれまでどんな仕事をしてきて、何を成し遂げてきたのかを上手く伝えられるかが、採用の可否を大きく左右するポイントになるでしょう。40代で転職する場合は、全く経験のない仕事に挑むのは危険です(ご家族をお持ちであればなおさらですが、どうしてもやりたいコトなら止めません)。

中途では、どの企業も即戦力として採用したい、と言う考えを持っているので、自分は何ができるのか、自分に何を求めているのか?を把握して淀みなく伝えられる必要があります。今までの実績や経験を自分の軌跡として、常日頃から記録しておくことをおススメします。

40代では、「やる気」と「ガッツ」があっても、若い人の「やる気」と「ガッツ」には到底叶いません。むしろ、どっしりと構えて、「私を採用しないともったいないですよ」くらいの落ち着きが欲しいところです。

もちろん、待遇や労働環境も

転職先は待遇の良さだけでなく、働きやすい環境になっているところを選ぶようにしてください。離職の理由トップは相変わらず「人間関係」です。いくら仕事内容で頑張れても、人との摩擦は避けられません。入社前にその会社のことをよく調べることも重要です。

「転職してすぐに転職する」と言う方もよく見ますが、今は幸い人手不足なので上手くいくと思いますが、その転職が、その後のキャリアパスにどう影響するかは意識しておきましょう。40代の方でも転職が上手くいっているケースは多々あります。特別ハードルが高いわけではないので、その点は心配する必要はありません。

大事なのは自分の実績を転職先にしっかり伝え、それを活かすことに個人として注力すべきでしょう。
それを評価してもらえる会社に巡り会えるかが、40代の転職のキーになります。

職務経歴をまとめるならRelekinoへ

ホントノのサービス「Relekino」に関する情報をアップしていきます!

WebSite Facebook Twitter Tumblr