実績マネージメント

資格を転職の武器にするポイント3つ

この仕事をするには、どうしてもこの資格が必要だ!という場合は、無条件で資格を取る必要があるでしょう。こちらでご紹介するのは、持っている資格をどうやって転職に活かすのか?というのがテーマです。

ちなみに、どんな資格を取れば転職に役立つのか?という発想ではなく、自分の理想の仕事に必要な資格をとり、キャリアアップに役立てるのが、資格を転職の武器にするポイントだと思います。

自分のキャリアップにつながる資格を取る

転職の武器として資格をアピールするには、その人にしかない固有の武器となりえるか? それとも狙った企業にとって必要とされる資格であるか? その資格を活かせるか? などが採用側のニーズになるでしょう。

1.転職先の業界にリンクした専門性

まず、大事な要素として専門性が挙げられます。その業界に特化したスキルとして専門的な資格を持っているとそれだけで武器になります。
中途採用者を採りたい企業側は即戦力を望んでいます。専門性を身に付けた人を優先して採用することも多いにあります。その業界で数年実践経験がないと取得できない資格などは採用側にとって魅力的に映ります。
その専門性を採用担当者に、なかなか言葉で説明することは難しい場合、具体的な指標として資格をアピールするのです。その分野に関する知識があることを証明できます。専門性・独自性をアピールする尺度として資格を利用するのです。

2.転職先の会社にとっていかに必要か?

次に、その資格が転職先の企業にとって必要性があるのか?という点です。
例えば外資系企業では管理職などになるには高い英語スキルが必要とされます。その際に、ビジネスでバリバリ通用する、世界標準の英語スキルが身に付いていることを証明できる資格は分かりやすいでしょう。
どれだけ多くの資格を取得していても、その企業にとって必要のない資格ばかりであれば、いくら資格を取っていたとしても意味はありません。転職を希望する業種ではどのような資格が求められているのか? そうした観点でどのような企業を選定すればいいかが、おのずと資格が転職の武器につながっていきます。

3.取得した資格を実績として活かせてきたか?

最後に、専門性があって必要性の高い資格を取得していたとしても、武器としては不十分な時があります。裏打ちされた実績・経験があって初めてその資格を活かすことのできる仕事もあるからです。
その資格を活かして、経験を積んできたというアピールも重要であり、それらを組み合わせていくことで転職の際に大きな武器となり、スムーズにキャリアップを目指すことができます。

まずは、キャリアプランニングに合わせた資格を狙い、それを取得して実績を重ね、その実績を活かしてまた上位の資格を取る、というのを繰り返すと自分の価値を一段上に高めることができ、転職の武器になるのです。

ちなみにネタとして取った資格などはパーソナリティを使える上ではアリかもしれません。

実績や資格の管理にもリレキノはきっと役立ちます。
https://relekino.com/

ホントノのサービス「Relekino」に関する情報をアップしていきます!

WebSite Facebook Twitter Tumblr